低温ローストチキン。

20111218


本日2本目の投稿です。



クリスマスといえばローストチキンですね。

やはり家族が喜ぶので毎年作ります。

母や、妹家族、弟家族、を招いて馳走します。

先日も言いましたが、御肉料理は低温が味の秘訣です。

中心が70℃になるようにじっくり焼きます。

丸ごとチキンは今の時期簡単に買えます。

うちは行きつけのお肉屋さんに予約しておきます。

スーパーのお肉屋さんでも予約できます。

もしオーブンがあるおうちであれば、

クリスマスはローストチキンで。



今回は写真はありません。

だってまだ今年は作っていないからです。(^^;)

レシピだけ公開しますね。



パート1:下ごしらえ

飲むヨーグルト:200CC

水:200CC

塩:小さじ4~5杯




前日にチキンをお肉屋さんから調達したら、

ヨーグルト塩水に漬け込みます。

いろいろ試しましたが、

「飲むヨーグルト+塩水」

が一番簡単で、お安いです。

飲むヨーグルトはスーパーやコンビニで売っている

200CCくらいの甘いやつです。

ビニール袋に入れて丸ごとチキンを浸します。

冷蔵庫に入れて漬け込みます。

時々ひっくり返してね。半日~一日。

パソコンが見れる方はこちらをご参考に。

カリフォルニアおばさんのグログです。
http://blog.livedoor.jp/chiblits/archives/51074897.html

こんな感じで漬け込みます。

ヨーグルトと塩水以外のプラスアルファは、

それぞれのご家庭の味で足せば良いと思います。



パート2:スタッフィング

人参、玉葱、プチトマト、黒オリーブ、ニンニク適量



私はローストチキンのスタッフィングで不服なのは、

チキンの旨みを吸い込むというコンセプトだからです。

私はやはりチキンの味を引き立てるものを詰め込みたいです。

だから我が家ではパンとか御飯は詰めません。

チキンを食べるのに、チキンを一番引き立てるソースは何か。

そのソースの材料をお腹に詰めることとします。

それが上記のレシピです。

チキンの旨みを吸い取るスタッフィングではなく、

チキンに旨みを与える材料を詰め込むのです~。

まあでもこれも好みですから、お好きなものを詰めてね。



パート3:低温焼き

オリーブオイルを手でまんべんなくマッサージして刷り込み、

余熱して150℃してチキンを焼きます。

45分ごとに表裏を入れ替えます。

表→裏→表→裏

ここで上下入れ替えるのが重要です。

このひっくり返しにより、肉汁がまんべんなくいきわたります。

職人がうなぎをこまめにひっくり返すのと同じです。

火加減もですが、肉汁をまんべんなくが重要です。

低温だから3時間もかかっちゃいます。

でもいつものローストチキンとは別次元ですよ~。

最後に220℃にあげて数分焼いて、焼き色をつけます。

パソコン見れる方はこちらのサイトをご参考にね。
http://cookpad.com/recipe/266990

こちらのサイトは4時間コースですね。



パート4:グレイビーソース

チキンを取り分けるのはホストの仕事です。

その間にヨメはソースを作ります。

オーブン皿に残った油と、こげたところを

こそいだものを小鍋に移して、

お湯と塩コショウを適量、水溶き片栗粉。

すべて適量です。

別のお皿に取り分けて、各自お好みでね。

これも各自ご家庭の作り方で良いと思います。



ではでは~。メリークリスマス。

IMGP2229.jpg
これは去年のローストチキンです。
ブログ内検索
プロフィール

まる(=・3・=)ぞう

Author:まる(=・3・=)ぞう
ohisama.maruzo@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Pagetop