漢方薬で薬膳カレーを作る。

20111113


DSC_0265.jpg

本日2本目の投稿です。

ココイチの話が続きましたので今日は趣向を変えて薬膳カレーです。

お肉を使わず、新陳代謝を高める野菜のカレーです。

カレールーは使いません。カレー粉だけです。

今回はそれほど辛くはありませんから、

最初の一回はこのレシピ通りで作って見てくださいね~。






DSC_0254.jpg


水1リットルに人参1本。細かく切って水から煮出します。

このニンジンスープは、まる(=・3・=)ぞうカレーの定番です。






DSC_0247.jpg

ニンニクを4~5片ほど包丁で潰します。

潰すと薄皮が剥くのが簡単になります。






DSC_0249.jpg

手で割ったニンニクをヒタヒタのオリーブオイルで煮ます。

ごくごく弱火で、ニンニクのエキスをオイルに出します。

このニンニクオイルはパスタを作る時にも必須ですね。

キツネ色になる一歩手前までじっくり煮ます。






DSC_0250.jpg

丁寧に煮出したニンニクオイルに、玉ねぎを投入します。中2個。

投入した直後は強火、玉ねぎが半透明になったら中火。

玉ねぎは熱を加えると甘みが増します。

玉ねぎがキツネ色になると香ばしさが増します。

ニンニクの香りも混ざり、食欲をそそる極上の調味料になります。

ここがカレーを作る上で一番大切な過程です。






DSC_0251.jpg

ニンジンスープに香ばしい玉ねぎを投入~。






DSC_0253.jpg

ここでカツオと昆布ダシを入れます。

今日は時間短縮のため顆粒ダシを使います。

我が家は、自然食品店で売っているものを愛用しています。

知人がここに勤めている関係で定期的に送ってもらいますが、

どこのメーカーの鰹節ダシ粉末でも構いません。

できれば化学調味料が入っていない方が良いのですが。

小さじ2杯ほど鍋に投入します。(味噌汁8人前に相当する分量)






DSC_0255.jpg

ここでトマト缶を一缶投入します。






DSC_0256.jpg

そうしたらミキサーで攪拌します。バーミックスを使っています。

極上のスープができました。ほぼ完成です。






DSC_0260.jpg

カレー粉を大さじ2杯。塩を大さじ1杯半。投入します。






DSC_0263.jpg

そして今回の隠し味、大正漢方胃腸薬を一袋投入します。

実は漢方胃腸薬の成分はスパイスとなっているものが多いです。

ケイヒはシナモン、ウイキョウはフェンネル、カンゾウはリカリス、

リョウキョウはガランガルというスパイスの別名です

一煮立ちして完成で~す。





DSC_0257.jpg

並行して具を作ります。冷蔵庫にある野菜を蒸します。

今日は、大根とカボチャと舞茸とピーマンです。

適当な大きさにざく切りしてお鍋にいれたら、

軽くお塩を全体に降って、(おいしくな~れ)

焦げないように水を半カップ入れて中火。沸騰したら弱火。

焦げてないかチェックしつつ、竹串をさして火が通ってるか確認。

DSC_0259.jpg

20分程度で出来上がりです。






DSC_0265.jpg

カレースープに蒸した野菜をいれて召し上がれ。

生姜をすりおろしたものと、すりゴマをトッピングします。

優しいカレーです。

食べた後も胃腸がすっきりしてます。

何ていっても漢方胃腸薬が入っていますからね~。






付録

DSC_0264.jpg

生姜は冷凍すると成分が壊れてしまうそうです。

ですから我が家では焼酎に入れて保存しています。

ちなみにこの焼酎は定期的に私が飲ませてもらってます。^^;

生姜焼酎をトマトジュースで倍に薄めたりしてます。

(なんせトマト好きですから。)
ブログ内検索
プロフィール

まる(=・3・=)ぞう

Author:まる(=・3・=)ぞう
ohisama.maruzo@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Pagetop